路上教習のコツ/左方向変換と幅寄せのやり方

【目次】

A 最初に止める位置が1番重要

B 左方向変換(左バック)の手順

C 左方向変換(左バック)のコツ

D ハンドルを切るタイミング

E 幅寄せのやり方

A【最初に止める位置が1番重要】

路上教習のコツ/左方向変換と幅寄せのやり方

・左方向変換(左バック)も、最初に止める位置が1番重要なコツとなります。

・左方向変換(左バック)の際、最初に止める位置が、右側の縁石に寄ってしまうと、バックする際に外輪差で右前輪が右側の縁石にぶつかる原因となります。必ず真ん中よりやや左寄りへ止めましょう。

真ん中よりやや左寄りへ止めることができれば、いつハンドルを切っても外輪差で右前輪がぶつかることはないので、あとはハンドルを切るタイミングだけに集中してバックすることができます。

ただし、左側の縁石に寄せ過ぎてしまうと、左後輪が縁石の角(免許取得後は駐車場に停まっている車や壁となります)を曲がりにくくなってしまうので寄せ過ぎにも注意しましょう。

B【左方向変換(左バック)の手順】

左方向変換(左バック)は、基本的に右方向変換が逆向きになっただけなので、手順は全く同じです。詳しくは、右方向変換(右バック)の手順」の記事を参考にして下さい。

1、駐車場(バックする場所)の横で一度止まり、安全確認

2、外輪差を考え、道の真ん中よりやや左寄りへ止める。バックできるくらい前へ出る

3、駐車場を見てバックする距離が足りるか確認

4、後方の安全確認をして、ギアをバックにする

5、左後輪が縁石の角に近づくように左にハンドルを切っていく

6、駐車場に車体が真っ直ぐになる時に、速度を止まるくらい落とし、素早くタイヤを真っ直ぐに戻す

7、車体の後部がポールにぶつからない程度までバックしたら止まる

8、右に出にくいと思ったら必ず幅寄せする。

9、右合図を出し、右へ出る

C【左方向変換(左バック)のコツ】

左方向変換(左バック)も、「左後輪が縁石の角に近づくように左にハンドルを切っていく」というのは右方向変換と同じです。

右方向変換との大きな違いは、「目標とする縁石の角が車体の死角にあり、バックの際、運転席からは全く見えない」ということです。

見えない左後輪と、見えない縁石の角をいかにイメージし、その2つが近づくようにハンドルを切っていけるかが、左方向変換のポイントとなります。

<左後輪の目安>

後ろのドアのガラスの角の下辺りを目安にします。(車に乗り込む前に、後輪の位置をしっかり確認して、自分で目安を決めておくことが大切です)

<縁石の角の目安>

バックの際にも運転席から見える、端っこのポールを目安にします。

車を前に出す前、縁石の角とポールがまだ見えているうちに、その2つの位置関係をしっかりと確認しておき、バックの際、端っこのポールを見ながら、ある程度縁石の角がイメージできるようにしておくことが大切です。

D【ハンドルを切るタイミング】

左方向変換(左バック)は、基本的に右方向変換が逆向きになっただけなので、ハンドルを切るタイミングに関しても全く同じです。ハンドルを切るタイミング」の記事を参考にして下さい。

その際、やはり最初のうちはサイドミラーでは距離感がつかみにくいので、駐車場を直接よく見てハンドルを切っていきましょう。

また、右方向変換と違い、縁石の角が直接見えないので、あまりギリギリを狙い過ぎず余裕をもってハンドルを切っていきましょう。もし、バックしたあと出にくくなってしまった場合は必ず【幅寄せ】します。

E【幅寄せのやり方】

【幅寄せとは?】

前後が限られたスペースで前進や後退をしながら、側方に移動することを「幅寄せ」と言います。

【幅寄せのポイント】

幅寄せの1番のポイントは「止まるくらいゆっくりな速度」です。

限られたスペースで幅寄せしなければならない場合、速度が速いと、ハンドルを切っている間にどんどん車が進んでしまい、間に合わなくなってしまいます。

幅寄せを練習する前に、止まるくらいゆっくりな速度がしっかり作れるように練習しておきましょう。→参考「ゆっくりな速度の調節

【幅寄せ手順】

左方向変換(左バック)の場合、駐車場へバックしたあと右に出て行きますが、その際右側のスペースが狭いと出にくいです。

右側のスペースが狭くなってしまった場合は、必ず左側へ幅寄せして、出やすくしてから出ていきましょう。(ここでは1番簡単な幅寄せのやり方を説明します)

1、速度は止まるくらいゆっくりで、左へハンドルを素早くいっぱいまで切る。ぶつからない程度まで左側へしっかり寄せたら止まる

・最初のうちは、左側へしっかり寄せたら一度止まると慌てません。

・ここで寄せる量が少な過ぎると、最終的に左側へしっかり寄りません。

2、速度は止まるくらいゆっくりで、右へハンドルを素早くいっぱいまで切る。駐車場に対して車体が真っ直ぐになったら止まる

・真っ直ぐの感覚が上手くつかめない場合は、窓から顔を出して直接確認しましょう。

3、速度は止まるくらいゆっくりで、素早くタイヤを真っ直ぐに戻す 

・この際、もし、前がもうギリギリで距離が足りない場合は、先にギアをバックに切り替えて、バックしながらタイヤを真っ直ぐに戻しましょう。

・最初のうちは、ハンドルをいっぱい切った状態から、何回転戻すとタイヤが真っ直ぐになるか覚えておくのがコツです。

4、ぶつからない程度まで後ろへバックしたら止まる

→「車の運転のコツ・目次へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする