所内教習のコツ/車でクランクコースを上手く通る方法

【目次】

A クランクの前にマスターしておくこと

B 内輪差の理解

C クランクを失敗しない為の3つのポイント

(ゆっくりな速度の調節はココ↑)

D シンプルなクランク攻略法

E 失敗した時のバックの手順

A【クランクの前にマスターしておくこと】

所内教習のコツ/車でクランクコースを上手く通る方法

クランクコースにチャレンジする前に、まず、外周のカーブを上手く曲がれるようにしておくことが必要です。なぜならクランクコースも簡単に言うとカーブの連続だからです。

外周のカーブが上手く曲がれないと、クランクコースを上手く運転するのは難しいと言えます。→参考所内教習のコツ/カーブを上手く運転する

B【内輪差の理解】

車は曲がる際に内輪差で前輪よりも後輪の方が小回りします。クランクコースも左折時と同じく、角を曲がる際に小回りし過ぎると内輪差で後輪がぶつかります。後輪をしっかり意識しながらハンドルを切るように注意しましょう。

C【クランクを失敗しない為の3つのポイント】(動画)

クランクコースを上手く運転する為には3つのポイントに注意して下さい。「ゆっくりな速度」「目線」「走行位置」の3つがポイントになります。

【ゆっくりな速度の調節】

クランクコースで失敗する1番の原因が速度になります。

速度が速過ぎると、ハンドルを回したり戻したりするのが慌てて間に合わなくなり、縁石やポールに車がぶつかる原因となります。

更に、タイヤが縁石にぶつかりそうになったり、車体がポールに接触しそうになった際に車をすぐ止めることができません。

クランクコースは基本、徐行。特に、自分自身がハンドルが慌てない速度を作ることが失敗しないコツです。

<AT車>

クリープ現象を使います。

クリープ現象とは?AT車で、ブレーキを離すと勝手に車が進むことです。

当然、ブレーキを離せば車の速度は速くなり、ブレーキを踏めば車の速度は遅くなります。

クランクコースを通る際に、ハンドルが慌ててしまう方はブレーキを離し過ぎです。ブレーキをいっぱい使って、ハンドルが慌てない速度をしっかり作ることが失敗しないコツです。→参考「ブレーキを上達させるコツ

<MT車>

半クラッチや断続クラッチでハンドルが慌てない速度を作ります。

断続クラッチとは?半クラッチの位置からクラッチを上げると車の速度は速くなります。逆にクラッチを踏むと車の速度は遅くなります。半クラッチ付近でクラッチの上げ下げを使って速度調節することを断続クラッチといいます。

アクセルはエンジンがうるさくないくらい一定に踏んでおき、基本、自分がハンドルが慌てないスピードで半クラッチをキープです。

もし、途中で車のスピードが速くなってきたら、早めにクラッチを少し踏んで速度を落とすことが失敗しないコツです。

【目線】

目線はシンプルに、常に行き先へ向けるのがコツです。

クランクコースは縁石やポールがあるので、どうしても近くの縁石やポールが怖くて気になって見ている方が多いです。

そうすると道の曲がり具合全体を見ていないので、いつハンドルを切ったらよいのか、どれくらいハンドルを切ったらよいのか、いつハンドルを戻したらよいのかがわかってきません。

ハンドルを切るタイミングや切る量を間違えてぶつかってしまう原因となります。

車は基本、自分が見てる方向へ進みます。縁石ばかり一生懸命見ている方は縁石にぶつかりやすく、ポールばかり見ている方はポールへぶつかりやすくなります。

クランクコースを通る際に、行き先ばかり見ていたら、縁石やポールを見ていないのでぶつかるのでは?と心配される方がみえますが、大丈夫です。行き先をしっかり見ていれば、近くの縁石やポールも自然と視界に入ってくるはずです。

「遠くを見ていれば近くは自然と見えている」という感覚がポイントです。思い切って目線を行き先へ向けて運転してみるのがコツです。

【走行位置】

クランクコースは道幅が狭くて限られているので、車の走行位置も非常に大切です。

クランクコースの入り口を入ったら、簡単に言うと、今から曲がる方向とは逆側の縁石へあらかじめしっかり寄せておくことがコツです。

例えば、クランクコースの角を右に曲がる場合は、車をあらかじめ左側の縁石へしっかり寄せておきます。そうすると角を曲がる際にカーブがゆるくなり曲がりやすくなります。

逆に右側の縁石に寄ってしまうと、カーブがきつくなり内輪差でぶつかってしまいます。走行位置によって曲がりやすさが大きく変わってきますので、車の誘導にも十分注意しましょう。

D【シンプルなクランク攻略法】

クランクコースというのは道が直角(90°)に曲がっていますが、当然、車は突然90°向きを変えることはできません。カーブを描いて角を曲がっていくことになります。簡単に言うとクランクコースはカーブの連続です。

内輪差で後輪がぶつかってしまった場合は、角を小回りし過ぎなのでもう少し大回りに、車体の前部がポールにぶつかってしまう場合は、角を大回りし過ぎなので、もう少し小回りに修正していきましょう。

E【失敗した時のバックの手順】(動画)

1、後輪が縁石にぶつかりそうになった。もしくは、車体の前部がポールに接触しそうになった時は、まずすぐに車を停止

2、後ろに後続車がいないか、ミラーや目視で確認

3、ギアをバックギアに入れる

【後輪の場合(やり直し)】

4、ハンドルはぶつかった時のまま動かさずにバック

ハンドルを切りながらバックしてしまうと、途中で前輪がぶつかってしまう原因となります。

5、通りやすくなったら、できるだけタイヤをまっすぐに戻しておく

元の道に車体がまっすぐになるぐらいまで戻っておくと通りやすいです

【車体の前部の場合(切り返し)】

4、通れなくなった側へハンドルをいっぱい切りながらバック

・車体の左前部が通れなくなった時は左へ、右前部が通れなくなった時は右へハンドルをいっぱい切りながらバックします。

・ハンドルを切らずにバックすると、次もまた同じ場所が通れなくなってしまいます。

5、前が通りやすくなったら、できるだけタイヤをまっすぐに戻しておく

この際バックし過ぎてしまうと、次に通り直す際に、今度は内輪差で後輪が通りにくくなってしまいます。前が通りやすくなったら早めに止めましょう。

→「車の運転のコツ・目次へ

★もし、このブログが参考になった方は、運転で悩んでいる友人や知人などに紹介して頂けたらうれしいです。よろしくお願いします。
^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする