路上教習のコツ/右方向変換(右バック)と外輪差

【目次】 

A 方向変換とは?

B 外輪差とは?

C バックは速度が大切

D 右方向変換(右バック)の手順

E ハンドルを切るタイミング

A【方向変換とは?】

路上教習のコツ/右方向変換(右バック)と外輪差

狭い道路で、脇道などを使って、車の進行方向を逆向きへ変える練習です。

教習所の課題としては、タイヤが縁石を乗り越えたり、車体がポールへぶつからずに車の向きが変えれればOKです。

しかし、免許取得後の車庫入れの練習もかねますので、後退時の速度、周りの安全確認や、駐車場(この記事ではバックする場所を「駐車場」と仮定します)に対して車体を真っ直ぐにする練習もしっかりしておきましょう。

また、縁石の角やポールが、免許取得後は、駐車場に停まっている車や壁となりますので、意識して練習しましょう。

B【外輪差とは?】

右方向変換(右バック)を練習する前に、必ず外輪差を理解しておくことが大切です。

車はハンドルを切ってバックする際に、後輪よりも前輪が外側に大きくふくらみます。(教習車だと約0.7m程度) これを【外輪差】と言います。

例えば、右方向変換で右後ろにバックする時は、右にハンドルを切った際、左前輪が外側に大きくふくらみますので注意が必要です。

C【バックは速度が大切】

右方向変換(右バック)をする際は速度調節が大切です。

最初のうちは、速度が速くなってしまうと、ハンドルを切るタイミングが遅れてしまったり、周りの安全確認がおろそかになってしまったりします。

バックが苦手な方は、速度が速くなってしまう方が多いです。バックを練習する前に、ゆっくりな速度の調節がしっかりできるように練習しておくことが失敗しないコツです。→参考「ゆっくりな速度の調節

D【右方向変換(右バック)の手順】

1、駐車場の横で一度止まって、安全確認

・駐車場で子供が遊んでいたり、何か物が置いてあったりしないか、しっかり安全確認します。

・最初のうちは、駐車場の横で一度止まると確認を忘れません。

2、外輪差を考えて、道の真ん中よりやや右寄りへ止める。バックできるくらいしっかり前へ出る

・最初に止める位置は、右方向変換(右バック)で1番重要なコツです。

限られたスペースでバックしなければならない時は、最初に止めた位置によって、失敗か成功か、バックがやりにくいかやりやすいかが、決まってしまいます。外輪差をよく考えて、バックしやすい場所に止めましょう。

・右方向変換(右バック)の場合、最初に左の縁石寄りへ止めてしまうと、バックの際、外輪差で左前輪が外側の縁石にぶつかってしまいます。

逆に言うと、最初に真ん中よりやや右寄りへ止めることができれば、いつハンドルを切っても、途中で左前輪がぶつかることはないので、あとはハンドルを切るタイミングだけに集中することができます。

ただし、右の縁石に寄せ過ぎてしまうと、バックの際、右後輪が縁石の角を曲がりにくくなってしまいます。寄せ過ぎにも注意しましょう。

3、駐車場を見てバックする距離が足りるか確認

・前へ出る距離が足りないと、バックの際、右後輪を縁石の角に近づけることができず、最終的に車体の左後部がポールにぶつかる原因となります。(ハンドルを切り遅れた時と同じ状況となります)

もし、後ろに距離が足りないと思ったら、もう少し前に出ます。

4、後方の安全確認をし、ギアをバックに入れる

・バックする前に、後方に車や歩行者がいないかしっかり安全確認します。

5、右後輪が縁石の角に近づくように右にハンドルを切っていく

・右方向変換(右バック)の場合、窓を開け、窓からしっかり顔を出せば、縁石の角が見えますので、直接縁石の角を見ながらバックしましょう。(慣れないうちはサイドミラーでは距離感がつかみにくいです)

右後輪の位置は、窓から顔を出しても残念ながら見えません。教習車の場合、後ろのドアのガラスの角の下辺りにありますので、ガラスの角を目安にしましょう。(車に乗り込む前に、後輪の位置を確認して、自分で目安を決めておくことがコツです)

・速度はゆっくり、ハンドルが慌てない速度を作ります。

・右方向変換(右バック)の場合、右にハンドルを切った時点で、外輪差で、左前輪が外側へふくらみ始めますので、右後ろと左前を交互に確認しながらバックします。

右後輪が大丈夫だと思ったら、残りのハンドルを右へいっぱいまで切り、最後は車体の左後部がポールにぶつからないかしっかり確認します。(ハンドルを切り残してしまうと、最終的に左後部がぶつかる原因となります)

また、この時、右後輪が縁石の角から離れすぎている場合は、左後部がぶつかる可能性が高いです。左後ろをしっかり確認し、もしぶつかりそうな場合は、スタート地点に戻ってやり直しましょう。

6、駐車場に対して車体が真っ直ぐになる時に、速度を止まるくらいゆっくりにして、素早くタイヤを真っ直ぐに戻す

・車体が真っ直ぐになる感覚が上手くつかめない方は、窓から顔を出し、最初は車体が真っ直ぐになった時に一度車を止めるのがコツです。ただし、止まったままハンドルを切るのはあまりよくありません。(据え切りといいます)

いつも据え切りばかりしていると、タイヤの溝が減ってしまったり、ハンドルの中の装置も痛みますので、止まるくらいゆっくり動きながら、素早くタイヤを真っ直ぐに戻しましょう。

・最初のうちは、ハンドルを全部切った状態から、何回転戻すと、タイヤが真っ直ぐになるか覚えておくのがコツです。(例:うちの教習車はトヨタのカローラアクシオですが、1回転半戻すとタイヤが真っ直ぐになります)

7、後ろをしっかり見て、車体の後部がポールにぶつからない程度までバックしたら止まる

・ミラーだと距離感がつかめないので、目視で確認します。ギリギリまで下がる必要はないので、余裕をもって止めます。

・後ろの距離感がなかなかつかめない方は、止まったあと、指導員の許可を得て車から降りて実際に確認するのがオススメです。車体後部の車体感覚が徐々に身に付きます。

8、左へ出にくいと思ったら必ず幅寄せする

・左に出る際、左側のスペースが狭いと出にくいです。出にくいと思ったら、必ず幅寄せして出やすくしましょう。

9、左合図を出し、左へ出る

・左へ出る際にタイヤが縁石にぶつかった時は、すぐ止まり、必ずバックで通りやすくなるまで戻って通り直します。左後輪がぶつかった時は、ハンドルはそのまま、右前輪が通れなくなった時は、ハンドルを右にいっぱい切りながらバックします。

E【ハンドルを切るタイミング】

・最初は失敗を怖がらずに、駐車場をよく見て、右後輪が縁石の角に近づくように自分の感覚で切ってみましょう。もし、失敗したらスタート地点に戻ってやり直します。それを繰り返すうちにちょうど良いタイミングがだんだんつかめてきます。

・1つの目安としては、右方向変換(右バック)の場合、右後輪を縁石の角にできるだけ近付けていきたい訳ですから、右後輪が縁石の角まで来てからハンドルを切り始めていては、当然遅すぎます。

 

特に最初は、ハンドルを切り遅れてしまう方が多いので、右後輪を縁石の角にぶつけるくらいのつもりでハンドルを切るのがコツです。切るタイミングが早すぎた場合は途中で修正できますが、遅すぎは途中で修正がききません。

 

<切るタイミングが早すぎる>

右後輪が縁石の角にぶつかります。(余裕がある方は、途中で早めにハンドルを左へ戻せば、ぶつかるのを回避することもできます) 失敗したらスタート地点に戻って、次はもう少し切るタイミングを遅らせましょう。

 

<切るタイミングが遅すぎる>

右後輪が縁石の角からどんどん離れてしまって、最終的に車体の左後部がポールへぶつかる原因となります。もしぶつかりそうになったら、必ずポールへぶつかる前に停止し、スタート地点に戻って、次はもう少し切るタイミングを早くしましょう。

→「車の運転のコツ・目次へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする