所内教習のコツ/MT車のギアチェンジ

【目次】

MT車とAT車の違い

加速チェンジの手順とコツ

減速チェンジの手順とコツ

ギアチェンジをしてはいけない時

【MT車とAT車の違い】

所内教習のコツ/MT車のギアチェンジ

・運転中に速度に合わせて自分でギアチェンジするのがMT車、速度に合わせて車が自動でギアチェンジしてくれるのがAT車です。

・MT車の運転では、速度が上がったらギアも上げる、速度が下がったらギアも下げる。シンプルに、ギアは速度に合わせて変えると覚えておくのがコツです。

【加速チェンジの手順とコツ】


1、アクセルで加速する
MT車の運転で、エンジンがうるさいほどの加速は加速し過ぎです。

2、クラッチを素早く目一杯踏むと同時にアクセルを離す
・ギアチェンジでよくある失敗は、クラッチを踏むよりも先にアクセルを離してしまうことです。

アクセルを先に離してしまうと、エンジンブレーキがかかって、せっかく加速してきた速度が落ちてしまいます。特に1速、2速の低速ギアはエンジンブレーキが強いので注意が必要です。必ずクラッチを踏むと同時にアクセルを離しましょう。

・MT車の運転で、チェンジの際に、エンジン音がうるさくなってしまう場合はアクセルが踏みっぱなしになっているので、必ずクラッチを踏むと同時にアクセルを一度ゆるめましょう。

3、ギアを変える
・ギアミスを防ぐ為には、チェンジレバーは手の平で包み込むように持ち、1速→2速はレバーをにしっかりと押しながら下へ下げます。

2速→3速は一度レバーをN(ニュートラル)に戻してから、上に軽く押すように変えます。(MT車によってギアの位置が異なる場合があります)

焦って早く変えようとすると、ギアミスが起こり、余計に時間がかかりますので、慌てず余裕をもってチェンジしましょう。

ギアを変える際に手元のレバーを見ていると、よそ見となり、特に路上へ出てから大変危険です!必ず手元を見ずに、前方を見ながらチェンジできるように練習しましょう。

4、クラッチを戻しながら優しくアクセルを踏む

・速度が遅い時ほどクラッチはゆっくり戻します。1速→2速→3速→4速と速度が速くなり、車体に勢いがつくほど、クラッチを戻す速さは徐々に速くしてOKです。

ギアを変える前にアクセルで加速して、ある程度車体に勢いをつけておくと、チェンジしたあとクラッチを速く戻すことがきます。

・エンジン音がうるさいほどアクセルを踏んだ状態でクラッチを離すと、エンジンのパワーが強すぎて急加速の原因になります。アクセルを踏み過ぎた場合はアクセルを少しゆるめてから、クラッチを離すのがコツです。

MT車の運転では、エンジンの音をよく聞いて、アクセルの量を加減できるように練習して下さい。

【減速チェンジの手順とコツ】


1、ブレーキでしっかり減速する

・減速が遅れると、カーブや交差点が来てしまいチェンジが慌ててしまいます。特に最初のうちは早めにしっかり減速して、カーブや交差点が来るまでに余裕を持って減速チェンジを終わらせておくのがコツです。

2、クラッチを踏んで速度に合ったギアに減速チェンジする

・MT車の運転で、減速チェンジは加速チェンジと違って、4速→2速、3速→1速というように速度を落とした分だけギアを飛ばしてOKです。

3、クラッチを戻しながら優しくアクセルを踏む

・加速チェンジの際と同じで、速度が遅い時ほどクラッチはゆっくり戻します。速度が速くなり、車体に勢いがつくほど、クラッチを戻す速さは徐々に速くしてOKです。

【ギアチェンジをしてはいけない時】


MT車の運転では、カーブや交差点などでハンドルが忙しい時はチェンジをしてはいけません。ハンドルがおろそかになり、ふらつく原因となります。

特に最初のうちは、直線でハンドルに余裕がある時にチェンジするのが失敗しないコツです。(もちろん、カーブや交差点を曲がっている途中でも、ハンドルが忙しくない時はチェンジしてもOKです)

→「車の運転のコツ・目次へ

★もし、このブログが参考になった方は、運転で悩んでいる友人や知人などに紹介して頂けたらうれしいです。よろしくお願いします。
^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする