左方向変換(左バック)と幅寄せ

左方向変換(左バック)のコツ

左方向変換(左バック)のコツ

・左方向変換(左バック)は、右方向変換(右バック)と同様に、最初に止める位置が1番重要なポイントとなります。

 

道の真ん中よりもやや左寄りに止めるのがベストです!

 

左方向変換(左バック)の際、最初に止める位置が、右側の縁石に寄ってしまうと、バックする際に【外輪差】で右前輪が右側の縁石にぶつかる原因となります。

 

また、左側の縁石に寄せ過ぎてしまうと、バックの際に左後輪が縁石の角を曲がりにくくなってしまいます。

 

道の真ん中よりやや左寄りへ止めることができれば、いつハンドルを切っても外輪差で右前輪が右側の縁石にぶつかることはないので、あとはハンドルを切るタイミングだけに集中してバックすることができます。

 

・バックが苦手な方は、速度が速くなってしまう方が多いです。バックを練習する前に、ゆっくりな速度の調節がしっかりできるように練習しておくことが失敗しないコツです。

→参考「ゆっくりな速度の調節のコツ

 

左方向変換(左バック)の手順(動画あり)

1、駐車場の横で一度止まって、安全確認

駐車場で子供が遊んでいたり、何か障害物が置いてあったりしないか、しっかり確認しておきます。

 

2、バックできるくらい前に出る。その時、外輪差を考えて道の中央よりやや左寄りへ止める

 

3、駐車場を見てバックする距離が足りるか確認

前へ出る距離が足りないと、バックの際、左後輪を縁石の角に近づけることができず、最終的に車体の右後部がポールにぶつかる原因となります。

 

4、後方の安全確認をし、ギアをバックに入れる

 

5、左後輪が縁石の角に近づくように左にハンドルを切っていく

・この時、左後輪も、目標とする縁石の角も、バックの際に運転席からは全く見えません。見えない左後輪と、見えない縁石の角をいかにイメージし、その2つが近づくようにハンドルを切っていけるかが、左方向変換のポイントとなります。(慣れないうちはサイドミラーでは距離感がつかみにくいです)

 

【左後輪の目安】

後ろのドアのガラスの角の下辺りを目安にします。

<ポイント!>

車種にもよるので、車に乗り込む前に後輪の位置をしっかり確認して、自分で目安を決めておくことが大切です!

 

【縁石の角の目安】

バックの際にも運転席から見えているポールを目安にします。

<ポイント!>

縁石の角とポールがまだ見えているうちに、その2つの位置関係をしっかりと確認しておき、バックの際、端っこのポールを見ながら、ある程度縁石の角がイメージできるようにしておくことが大切です!

 

・左にハンドルを切った時点で、外輪差で、右前輪が外側へふくらみ始めますので、必ず、左後ろと右前を交互に確認しながらバックします。

 

6、左後輪が大丈夫だと思ったら、残りのハンドルを左へいっぱいまで切る

ハンドルを切り残してしまうと、最終的に右後部がぶつかる原因となりますので、必ずハンドルをいっぱいまで切ります。

 

7、車体の右後部がポールにぶつからないかしっかり確認しながらバック

もしぶつかりそうな場合は早めに止まり、スタート地点に戻ってやり直しましょう。

 

8、駐車場に対して車体がまっすぐになる時に、素早くタイヤもまっすぐに戻す

この時、車体がまっすぐになる感覚が上手くつかめない方は、窓から顔を出し、車体がまっすぐになった所で一度車を止めるのがコツです。その後、止まるくらいゆっくり動きながら素早くタイヤをまっすぐに戻しましょう。

<ポイント!>

最初のうちは、ハンドルをいっぱい切った状態から、何回転戻すとタイヤがまっすぐになるのか覚えておくのがコツです。(車種によっても異なります)

 

9、後ろをしっかり見て、車体の後部がポールにぶつからない程度で止まる

・ミラーだと距離感がつかめないので、目視で確認します。ギリギリまでバックする必要はないので、余裕をもって止めましょう。

 

・後ろの距離感がなかなかつかめない方は、止まった後、指導員の許可をもらい、車から降りて実際に確認してみることが大切です。車体後部の車体感覚が徐々に身に付きます。

 

10、右へ出にくいと思ったら必ず幅寄せする

右に出る際、右側のスペースが狭いと出にくいです。出にくいと思ったら、必ず【幅寄せ】して出やすくしましょう。

 

11、右合図を出し、右へ出る

右へ出る際に、もしタイヤが縁石にぶつかってしまった時は、すぐ止まり、必ずバックで通りやすくなるまで戻ってから通り直します。右後輪がぶつかった時は、ハンドルはそのまま、左前輪が通れなくなった時は、ハンドルを左にいっぱい切りながらバックです。

 

ハンドルを切るタイミング

左方向変換(左バック)は、基本的に右方向変換が逆向きになっただけなので、ハンドルを切るタイミングに関しても全く同じです。「ハンドルを切るタイミング」の記事を参考にして下さい。(その際、左右を逆向きに考えてください)

 

また、右方向変換と違い、縁石の角が直接見えないので、あまりギリギリを狙い過ぎず余裕をもってハンドルを切っていきましょう。もし、バックしたあと出にくくなってしまった場合は必ず【幅寄せ】します。

 

幅寄せのやり方(動画あり)

【幅寄せとは?】

前後が限られたスペースで前進や後退をしながら、側方に移動することを言います。

 

左方向変換(左バック)の場合、駐車場へバックしたあと右に出て行きますが、その際右側のスペースが狭いと出にくいです。

 

右側のスペースが狭くなってしまった場合は、必ず左側へ一度幅寄せして、出やすくしてから出ていきましょう。(ここでは1番簡単な幅寄せのやり方を解説します)

 

【幅寄せのポイント】

幅寄せの1番のポイントは「止まるくらいゆっくりな速度」です。

 

限られたスペースで幅寄せしなければならない場合、速度が速いと、どんどん車が進んでしまい、ハンドル操作が間に合わなくなってしまいます。

 

幅寄せを練習する前に、止まるくらいゆっくりな速度がしっかり作れるように練習しておきましょう。

→参考「ゆっくりな速度の調節のコツ

 

【幅寄せの手順】

1、速度は止まるくらいゆっくりで、左へハンドルを素早くいっぱいまで切る。ぶつからない程度まで左側へしっかり寄せたら止まる

・最初のうちは、左側へしっかり寄った所で、一度止まるとあわてません。

 

・ここで寄せる量が足りないと、最終的に左側へしっかり寄りません。ぶつからない程度に、左側へしっかり寄せましょう。

 

2、速度は止まるくらいゆっくりで、右へハンドルを素早くいっぱいまで切る。駐車場に対して車体がまっすぐになったら止まる

 

3、速度は止まるくらいゆっくりで、素早くタイヤを真っ直ぐに戻す

・この際、前がもうギリギリで距離が足りない場合は、先にギアをバックに切り替えて、バックしながらタイヤをまっすぐに戻してもOKです。

<ポイント!>

最初のうちは、ハンドルをいっぱい切った状態から、何回転戻すとタイヤがまっすぐになるのか覚えておくのがコツです。(車種によっても異なります)

 

4、ぶつからない程度まで後ろへバックしたら止まる

→「トップページへ

コメントを残す