所内教習のコツ/坂道発進

【坂道発進時によくある失敗例】

・ハンドブレーキが下ろせない

・エンスト

・後ろに下がってしまう

・坂道発進後にクラッチがなかなか離せない

・クラッチを離す際にスピードが出過ぎてしまう

【目次】

A ハンドブレーキの使い方がポイント

B 坂道発進の手順とコツ(AT・ハンドブレーキ有り)

C 坂道の登り方とコツ(MT)

D 坂道発進の手順とコツ(MT・ハンドブレーキ有り)

E エンストはハンドブレーキがポイント

F 坂道発進のコツ(MT・ハンドブレーキ無し)

A【ハンドブレーキの使い方がポイント】

所内教習のコツ/坂道発進

【ハンドブレーキの使い方】

1、ボタンを押さずにカチカチ引いてかける

2、まず軽くボタンを押す

注:ここではまだボタンを全部押せません。

3、一度少し引き上げる

少し引き上げるとボタンが全部押せます。

4、いっぱいまでしっかり下ろしてからボタンを離す

途中でボタンを離してしまうと、ハンドブレーキが途中で止まってしまい、しっかり下りてない状態になってしまうので注意して下さい。

【ハンドブレーキが下ろせない原因】

引き過ぎです。当然、坂道なのでしっかり引く必要はありますが、ガチガチ目一杯まで引いてしまうと、特に女性の方などは坂道発進時に下ろすのに苦労します。

最初は気持ち強めに引いて、ゆっくりフットブレーキをゆるめてみて、もし車体が後ろに下がるようでしたら、再びフットブレーキをすぐにかけ、カチッともう一つ引く量を足していくのが引き過ぎないコツです。

B【坂道発進の手順とコツ(AT・ハンドブレーキ有り)】(動画)

1、坂道の途中で停止し、ルームミラーで後ろに車がいないか確認

教習所内であれば坂道発進の際に後続車はいないと思いますが、必ず、路上の坂道で後続車がいるつもりで練習しておくことが大切です。

2、ハンドブレーキを引き、フットブレーキをゆるめて車体が止まったか確認

もし下がってしまう場合は、すぐにまたフットブレーキを踏み、カチッともう一つ引き、再び止まったかを確認します。

3、エンジンがうるさくないくらい少しアクセルを踏む
ハンドブレーキを引いた状態で車体がどんどん登ってしまう場合はアクセルを踏み過ぎです。車が登り過ぎない程度にアクセルを踏んでおくのがコツです。→参考「アクセルのコツ

4、ハンドブレーキをしっかり下ろす
坂道発進の際、ハンドブレーキを下ろしても車体が動かない場合は、登る力と後ろに下がる力がちょうど釣り合った状態なので、少しアクセルを足すと車は徐々に登っていきます。

5、坂の頂上を越えて下り坂に入ったら、フットブレーキをかけて徐行で下る
先にギアを変えていると、下り坂に入った途端にどんどんスピードが出てしまいますので、必ず先にフットブレーキをかけましょう。

6、徐行で下り始めたらギアを「D」(ドライブ)→「2」(セカンド)に変える

・車体によってはチェンジレバーの表示が「2」でない場合もあります。セカンドを使うとドライブよりも強いエンジンブレーキがかかり、下り坂でスピードを抑えることができます。

・路上の運転を想定して、途中で停止せず、下りながらギアを変えましょう。その際、手元を見ているとよそ見となって危険です。手元を見ずに前方を見ながらチェンジしましょう。

・チェンジレバーボタンを押してしまうと「L」(ローギア。セカンドよりも強いエンジンブレーキがかかります)まで行ってしまいますので、ボタンを押さずにチェンジしましょう。

7、坂を下ったら、「2」→「D」へギアを戻す

ここでギアを戻し忘れる方が多いので注意しましょう。

C【坂道の登り方とコツ(MT)】

坂道を登る前にブレーキとクラッチでしっかり徐行をして、低速ギア(速度によって1速または2速)にチェンジします。

少しアクセルを踏み、半クラッチをキープして、ゆっくり坂道を登ります。(坂道を登る際は平地よりもエンジンのパワーが必要なので、平地よりもアクセルの量をやや多めするのがコツです。ただし、エンジンがうるさい程踏む必要はありません)

目標まできたらクラッチ→ブレーキで車を止めます(速度がゆっくりであれば、先にブレーキをかけてしまうと、クラッチを踏み遅れてエンストの原因となります)→参考「MT車の停止のコツ

D【坂道発進の手順とコツ(MT・ハンドブレーキ有り)】(動画)

1、坂道の途中で停止し、ギアを1速に戻す

1速に戻し忘れると、坂道発進の際に、ギアの力が足りずにエンストする原因となります。

2、ルームミラーで後ろに車がいないか確認

教習所内であれば坂道発進の際に後続車はいないと思いますが、必ず、路上の坂道で後続車がいるつもりで練習しておくことが大切です。

3、ハンドブレーキを引き、フットブレーキをゆるめて車が止まったか確認

もし下がってしまう場合は、すぐにまたフットブレーキを踏み、カチッともう一つ引き、再び止まったかを確認します。

4、アクセルをエンジンがうるさくないくらい一定に踏む

・坂道発進時は平地よりもエンジンのパワーが必要なので、平地の発進よりもアクセルをやや多めに踏みます(アクセルの量が足りないと、登る力が後ろに下がる力に負けてエンストする原因となります)

・できるだけ一定に踏めるように練習して下さい。一定に踏めないと、次に半クラッチにした時に音の変化がわかりにくくなります。→参考「アクセルのコツ

5、半クラッチにして、しっかり足を止める

・エンジンの音が少し静かになり(タコメーターだとエンジンの回転数が少し下がります)、車がググッと登ろうとしてるのが身体に伝わってきた所(この感覚をつかむのが坂道発進攻略のコツです)が半クラッチです。

・坂道発進時に、半クラッチにした際、エンジンの音が少し静かになったからと言ってここでアクセルを足してはいけません。逆に踏みすぎとなり、この先クラッチを離す際に車が急加速してしまう原因となります。

★ブレーキをしっかり踏んだまま、ゆっくりクラッチペダルを離していってわざとエンストさせてみるのもおすすめの練習方法です。坂道発進時にどこまでペダルを上げるとエンストするかがわかると共に、エンストする手前の半クラッチの感覚がつかめます。

6、ハンドブレーキをゆっくりしっかり下ろす

・車体が後ろに下がってしまったり、エンストしてしまう場合は、半クラッチで足がしっかりキープできていません。

・下ろしても車体が動かない場合は、登る力と後ろに下がる力がちょうど釣り合った状態なので、徐々にクラッチを上げると車は登り出します。

7、徐々にクラッチペダルを上げて、車に勢いが付いたら完全にペダルを離し、左足をフットレストに置く

・坂道発進の際も平地の発進と同じで、ある程度車に勢いがつく前にペダルを離し過ぎてしまうとエンストします。

・半クラッチで足を止めたままでは、なかなか勢いがつきません。徐々にクラッチペダルを上げていくのがコツです。車が徐々に加速し、自然とペダルが離せます。

・クラッチペダルを離す際に加速し過ぎてしまう場合はアクセルの踏み過ぎです。エンジン音をよく聞いて、アクセルを踏み過ぎている場合は、アクセルを少しゆるめてからペダルを離すのがコツです。

・坂道発進の際、坂の頂上までにはクラッチを完全に離せるように練習しましょう。

8、坂の頂上を越え、下り坂に入ったらフットブレーキを使い徐行で下る

坂道を下る際にクラッチを踏んでしまうと、エンジンブレーキが効かなくなりスピードが出てしまうので、クラッチは踏まずに、フットブレーキでゆっくり下ります。

9、止まる前にクラッチを踏み、ブレーキで止める

止まる際にはクラッチペダルを踏まないと当然エンストが起こります。少し余裕を持ってクラッチを踏みましょう。

E【エンストはハンドブレーキがポイント】

ハンドブレーキを使って坂道発進する際にエンストしてしまうのは、実は、足の操作ではなく、ハンドブレーキの下ろし方が原因の場合が多々あります。

よく失敗してしまう方は「半クラッチがキープできてるうちに、急いでハンドブレーキを下ろさなければ」と考えている方が多いです。

急いで下ろそうとした時に上体だけでなく、足まで一緒に動いてしまって、エンストしたり車体が後ろに下がってしまったりします。

「アクセルと半クラッチをしっかりキープできたな」と思ったら、しっかり足を止め、慌てずに、腕だけに力を入れてゆっくり下ろすのがコツです。エンストさせずにスムーズに坂道発進ができるようになります。

F【坂道発進のコツ(MT・ハンドブレーキ無し)】

【技術面】

ものすごく簡単に言うと、坂道発進時の足の動きは平地の発進とほぼ同じです。違う所は、平地よりもエンジンのパワーが必要となりますので、アクセルの量を平地よりもやや多めにすることぐらいです。

ですから、発進の足の動作が素早くできれば後ろに下がりませんし、足の動作が遅ければどんどん後ろに下がってしまいます。

平地の発進でエンストが多発してしまったり、発進に時間がかかり過ぎてしまう場合は、いきなりハンドブレーキ無しの坂道発進を成功させるのは厳しいと言えます。

まずは平地の発進でアクセルの加減や半クラッチの位置を足に覚え込ませて、発進の足の動作が徐々に速くできるように練習しておくことがコツです。→参考「MT車の発進のコツ

【精神面】

当然上手くできないと後ろに下がってしまうので「とても怖い」です。その気持ちから、坂道発進時は焦りや緊張で身体が硬くなってしまい、余計に失敗しやすくなります。

ハンドブレーキを使わないので、最初のうちは後ろに下がって当然です。

絶対下がらないように頑張ろうとするのではなく、下がっていくのをなるべく早く止めるぐらいのつもりで練習して下さい。下がる量を少しずつ減らしていくイメージで練習を重ねましょう。

万が一下がり過ぎたとしても、危険があれば指導員が止めてくれるから大丈夫という気持ちで坂道発進を練習しましょう。(その為の指導員です!)

→「車の運転のコツ・目次へ

★もし、このブログが参考になった方は、運転で悩んでいる友人や知人などに紹介して頂けたらうれしいです。よろしくお願いします。
^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする