路上教習のコツ/安全な車間距離の目安

【目次】

A 車間距離の重要性

B 走行中の車間距離の目安

C より多くの車間距離が必要な場合

D 視界の確保

E なぜ多くのドライバーは車間距離が近い?

F 停止時の車間距離の目安

A【車間距離の重要性】

路上教習のコツ/安全な車間距離の目安

路上教習をしている際、車間距離が近い生徒さんに、

「走行中に前の車と車間距離が近いと、どんな危険がありますか?」

と聞くと、

前の車が急ブレーキかけたら危険です!

とみなさん答えてくれます。

「じゃあ、安全な車間距離の目安はどれくらい必要ですか?」

と聞くと、みなさん答えが結構ばらばらになります。

路上で起きる車同士の事故の約40%程が追突事故です。

想像してみて下さい。

例えば、

【あなたが車で路上を走行中、猫が目の前に急に飛び出して来ました!】

みなさんは急ブレーキを踏まない自信はありますか?

そう考えると、前の車がいつ急ブレーキをかけるかは、なかなか予測できないものです。万が一、前の車が急ブレーキをかけても追突しないように、常に安全な車間距離を保って走行するように心掛けましょう。

B【走行中の車間距離の目安】

路上を走行中の安全な車間距離は、簡単に言うと、【前の車が急ブレーキをかけても安全に止まれる距離】です。

30km/h~60km/hで走行中の安全な車間距離の目安は、

今自分が走っている速度−15m

となります。

例えば、40km/hで走行中なら40−15=25mが安全な車間距離となります。

25mの目安としては、教習車の長さがおおむね1台約5mなので、25÷5=5台です。

40km/hで走行中ならば教習車約5台分が安全な車間距離の目安となります。

同様に計算すると、60km/hで走行中であれば、60−15=45m、45÷5=9台、教習車約9台分が安全な車間距離の目安となります。

始めのうちは、運転中に計算している余裕はなかなか無いと思いますので、40km/h以下で走行中なら教習車約5台分、50km/hで7台、60km/hで9台という数字をしっかり頭に入れておきましょう。

C【より多くの車間距離が必要な場合】

雨で路面が濡れている場合、重い荷物を積んでいる場合、タイヤがすり減っている場合などは、特に急ブレーキ時に車の停止距離が通常より長くなります。タイヤの状態がよく、道路条件のよい晴天の日等に比べて2倍程度の車間距離を目安にしましょう。

また、前の車がトラック等の大型車の場合は、前方の視界がより悪くなるため、通常より車間距離を長くとって視界を確保しましょう。

D【視界の確保】

走行中の車間距離が近いと、急ブレーキに対応できないだけではなく、前の車でその先の状況が隠れて見えなくなってしまい、危険に気付くのが遅れてしまう原因となります。

しかも、安全な車間距離が取れていない場合、前の車のブレーキランプに意識が集中してしまい、より周りの状況が見えなくなってしまいます。

そうすると、交差点の先が渋滞しているのに気付かず交差点内で停止してしまったり、先の障害物の発見が遅れて進路変更が間に合わなくなってしまったり、慌てて進路変更しようとした際に後方の安全確認がおろそかになってしまったりします。

走行中はしっかりと安全な車間距離を取り、目の前の車だけではなく、更にその先の状況、後続車の様子などもよく見ながら運転するように注意しましょう。

E【なぜ多くのドライバーは車間距離が近い?】

先ほど、安全な車間距離の計算式を紹介しましたが、残念ながら、きちんと安全な距離が取れている一般ドライバーは少ないです。

その理由は、「先を急いでいる」「割り込まれたくない」「後続車に迷惑になりそう」など様々ですが、特に注意が必要なのは「そもそも車間距離が近いことに気付いていない」ということです。

人によって「普通」の基準は様々です。

特に運転に関しては、家族、友人、普段利用しているバスのドライバーの運転など、今までの経験がみなさんの「普通」に影響を与えます。

普段よく乗せてもらうドライバーの車間距離がもし近かったならば、それがみなさんにとっての「普通の車間距離」となってしまう可能性があります。

特に教習中に指導員に車間距離を指摘される方は、車間距離が近いことが、自分にとっての「普通」となっていないか、もう一度しっかり見直してみて下さい。

F【停止時の車間距離の目安】

走行中だけでなく、赤信号や渋滞で前の車に続いて停止する際も安全な車間距離を取るようにしましょう。

その理由は、「万が一後続車に追突された時に玉突き事故を防ぐ」という事が1番の理由です。

停止している際に突然、後続車に追突される可能性もあります。その時、自分も前車に追突してしまわないように、安全な距離を取っておくことが大切です。(特に前車が二輪車の場合は注意が必要です)

他にも、安全な車間距離を取っておくと、脇道から出てきた車が通れるようにスペースを空けてあげたり、前車が故障した際などに進路を変えることも可能となります。

停止時の安全な距離の目安は教習車約1台分(約5m)程度は取っておきましょう。

目安として、前の車の後輪タイヤが見えるくらい(教習車の場合、運転席から見えない死角の部分が、前方に約4m程度ある為)ですが、ドライバーの体格など目線の高さによっても見え方は変わってしまうので、車体感覚をしっかり身に付けるようにしましょう。

→「車の運転のコツ・目次へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする