【1】車庫入れができない方のために、元教官が無料の教材作ってみました

車庫入れに、こんな悩み抱えてませんか?

・教習所で習った方法では、うまくいかない

 

 

・他の人にコツを聞いても「センス」とか「慣れ」だと言われる

 

 

・後ろで他の車が待っているとあせってしまう

 

 

・ハンドルをまわす方向がわからなくなる

 

 

・サイドミラーがうまく使えない

 

 

・ハンドルを切るタイミングがよくわからない

 

 

・幅寄せがうまくできない

 

 

・ハンドルがあわててしまう

 

 

・車幅感覚がいまいちつかめない

 

 

・駐車場に対して、車がまっすぐになったかどうかがわからない

 

 

・後ろの距離感がつかめない

 

 

・他の人を乗せていると緊張する

 

 

・車をぶつけてしまったことがある

 

 

・教えてくれる人がいない

 

 

・教えてもらったが、よくわからなかった

 

 

・練習する時間がなかなかとれない

 

 

・車庫入れが苦手過ぎて、車に乗りたくない

 

 

・駐車場が狭いお店には行きたくない

 

 

・車庫入れに時間がかかり過ぎて、クラクションを鳴らされたことがある

 

 

・ついつい頭から駐車してしまう

 

 

・右バックと左バックで難易度が全然違う

 

 

・駐車場が混んでいるお店に行きたくない

 

 

・後ろに他の車が来たので、あきらめてしまったことがある

 

 

・どこを見たらいいのかわからない

 

 

・途中でハンドルの修正ができない

 

 

・途中でタイヤがどっちを向いてるのかわからなくなる

 

 

・ハンドルを戻すタイミングがわからない

 

 

・白線の真ん中にまっすぐ駐車できない

 

 

・車庫入れ時に、運転を代わってもらったことがある

 

 

・車をぶつけるのが怖くて練習できない

 

 

・以前、何回か練習したが、あきらめてしまった

 

 

・車が変わるとうまくできなくなってしまう

 

 

・ペーパードライバーである

 

 

・そもそも自分には運転のセンスがないと思っている

 

 

アフパカ教官です!

 

私は、「車庫入れを苦手とする方が、最短で上達できるわかりやすい練習方法は?」という課題に真剣に向き合ってきました。

 

そして、何度も試行錯誤を繰り返し、この度、ベストな練習方法を開発しました。

 

この教材にしたがって練習を重ねてもらえば、必ずやあなたも最短で「車庫入れマイスター」になれます!

 

 

また、なかなか練習する時間が取れない方は、隙間時間に教材を読んで、ポイントだけでもしっかり頭に入れてください。

 

そして、普段の車庫入れの際に、そのポイントを意識しながら実践してもらうだけでも、徐々に車庫入れが上達していきます。

 

もしあなたが車庫入れに悩んでいるなら、興味があればぜひ試してみてくださいね!

 

※今すぐ練習を始めたい方はこちら

「車庫入れマイスターへの道トップへ」

 

 

車庫入れの秘訣

例えば、世の中には駐車場がものすごくせまかったり、形が複雑で、ギリギリで車を止めないといけないような家の駐車場があります。

 

その家のオーナーがそこに駐車する様子を見て、世間の人は「神ワザ」と言います。

 

なぜ、プロドライバーでも苦戦するような駐車場に、その家のオーナーは、涼しい顔でいとも簡単に駐車してしまうのでしょうか?

 

そこに、「車庫入れの秘訣」が隠されていると私は感じました。

 

 

それは、「ルーティン」です。

 

 

日本語で意味を調べてみると「決まりきった仕事、決まった手順、日課」というような意味が出てきます。

 

実は、その家のオーナーも、最初から簡単に駐車できたわけではないのです。

 

はじめの頃は、自分の家の車庫と何度も格闘したはずです。

 

時には車をぶつけ涙したこともあったかもしれません…

 

しかし、来る日も来る日も車庫と格闘するうちに、徐々にコツをつかみ、最終的に「その車庫に合ったベストな手順を編み出した」というわけです。

 

ですので、あなたが最短で車庫入れを上達させるためには、まず、「車庫入れの正しい手順を覚える」ということが大切です。

 

 

発見!車庫入れが早く上達する練習法

教官時代も、やはり「バック」というのは生徒さんにとって、かなりの苦手項目だと感じていました。

 

当然、上達するためには「慣れ」が必要だと私も思っていたので、最初はたくさん数をこなすような教習をしていました。

 

しかし、教習所の練習時間というのはもちろん限られています。

 

私の教習所ではバックの時間は3時間ありましたが、時間内で上達する方もいれば、3時間では時間が足りず、教習が伸びてしまう方もいました。

 

「もっと早く上達できる方法はないものか?」と、試行錯誤を繰り返しているうちに、ふと気づいたことがありました。

 

 

「幅寄せをたくさん練習すると、バックが早く上達する気がする、、」

 

 

そうです!車庫入れが早く上達する秘訣というのは、「幅寄せ」なのです!

幅寄せとは?

前進や後退をしながら、側方に移動することをいいます。

 

そのことに気付いてからは、教習の中で意識的に幅寄せの練習時間を増やすようにしてみました。

 

すると、早い人では2時間で、苦手な人でもほとんどの人が3時間で、教習所の「方向変換」が、もちろん【目印】など一切使わずに、試験合格レベルまで到達できるようになったのです!

(※ 教習所では「方向変換の項目」が車庫入れの練習の代わりとなっています。)

 

 

幅寄せによってバックが上達するワケ

「幅寄せがバック上達に効果的だ」と、なんとなく気付いてから、その「理由」を自分なりにいつも考えながら教習していました。

 

そしてわかったことは、幅寄せには車庫入れに必要な基本操作や車両感覚の練習がつまっているということです。

 

バックが苦手な方というのは、バック以前に、基本操作や車両感覚がまだまだ不足している方が多かったのです。

 

例えば、、

 

「ハンドルがあわてない速度の調節」

 

「ハンドルを切る方向、切る量、微調節」

 

「今タイヤがまっすぐになっているかどうかの感覚」

 

「車体が駐車場に対してまっすぐかどうかの感覚」

 

「車幅の感覚」

 

などです。

 

そして、幅寄せの練習を繰り返し行うことで、そのような点がどんどん上達し、自然と車庫入れに必要な操作や感覚が身に付いていくというわけです。

 

 

最短で上達させるために超重要なこと

あなたは、なにか物事を上達させたい時、早く上達したいですか?それともゆっくりでいいですか?

 

なんでもいいんです、サッカーでもピアノでも仕事でもいいんですが、もちろんあなたも「早く上達したい!」と思うはずです。

 

もちろん私も早く上達したい派です。

 

そして、物事を最短で上達させるために、私が普段から特に気を付けていることがあります。

 

それは、

 

「間違いのない、信頼できる先生をまずみつけること」

 

です。

 

 

たとえば、自分で試行錯誤して、何度も失敗をくりかえしながら練習するのと、コーチをつけて「正しい練習方法」を教わるのと、どちらが早く上達するでしょうか?

 

もちろんコーチありですよね!

 

 

では、一流のコーチと三流のコーチ、どちらに教わった方が早く上達するでしょうか?

 

もちろん一流のコーチです!

 

 

ですので私は、物事を最短で上達させるためには、「誰に教わるか?」というのは最も重要だと考えています。

 

先生選びを間違えてしまうと、いくら先生の言う通りに練習しても、なかなか上達しないということが起こってしまうので注意が必要です!

 

 

ここまで一生懸命読んでくれたあなたに、私が伝えたいことは、

 

「私を信頼し、私の教材で練習してみてほしい」

 

ということです。

 

私も大学時代に免許を取りましたが、免許取りたての頃は、やはり車庫入れがとても苦手でした。

 

車庫入れの時に後ろから他の車が来てしまうと、緊張してしまい、あせって余計にうまくできませんでした。

 

それが、自分の通っている大学の駐車場なんかだと、もたもたしてるところを知り合いに見られちゃったりもしますよね…

 

自分的に、それがとても恥ずかしく嫌だったので、人気のない駐車場でひそかに特訓していたことを覚えています。

 

その際、他の人にコツを聞いてみましたが、「センス」とか「慣れ」だと言われ、正しい車庫入れの手順をわかりやすく説明してくれる人はいませんでした。

 

ですので、自分で何度も何度も失敗を繰り返しながら、徐々に感覚を身に付けていったのですが、今思えば、むだに時間がかかり、効率のわるい練習方法だったなと感じるのです。

 

そして、この度完成させた、

 

「車庫入れマイスターへの道」

 

という教材は、免許取り立てで、車庫入れが上手くできずに悩んでいた、過去の自分に向けて作った練習方法なんです。

 

きっと、あなたのお役にも立つはずです。

 

興味のある方はぜひ試してみてくださいね!

→「車庫入れマイスターへの道トップへ

コメントを残す