所内教習のコツ/正しい運転姿勢

目次

正しい運転姿勢の必要性

正しい運転姿勢の作り方

シートベルト

正しい運転姿勢の必要性

所内教習のコツ/正しい運転姿勢

最も簡単に車の運転を上達させるコツが、正しい運転姿勢を作ることです。

車は、アクセル、ブレーキ、ハンドルの3つの装置(MT車は+クラッチ)を使って運転します。

簡単に言うと、正しい運転姿勢を作ればこの3つの装置が正しく操作できます。逆に運転姿勢が悪いと正しく操作ができません。

教習時も運転姿勢が悪いことが原因で、上手く操作ができず、失敗してしまう方が多く見られます。出発前にしっかり合わせましょう。

<注意!>正しい運転姿勢が作れていないと、急ブレーキや急ハンドルなど危険回避時に正しく操作ができずとても危険です。
<補足>正しい運転姿勢は、シートベルトやエアバックの効果を最大限に発揮したり、視野を広くしたり、腰痛や肩凝りの予防につながったり、疲労を軽減し長時間の運転を可能にしたりします。

正しい運転姿勢の作り方(動画)

1、シートの前後

お尻はシートに深く座り、お尻と背もたれの間に隙間ができないようにします。隙間があると急ブレーキ時にお尻が後ろにずれてブレーキがしっかり踏めなくなり危険です。

そして、右足でブレーキペダルをめいっぱい踏んだ時(MT車の場合は左足でクラッチペダルを床までめいっぱい踏んだ時)にまだ膝に少し余裕が残るくらいの位置に調節します。

<注意!>シートの前後位置は特に急ブレーキ時に重要です。

2、ハンドルの高さ

ハンドルの高さも、基本、チルトレバーを使って調節が可能です。車種によってレバーの位置が異なりますので、教習車で必ず確認しておいて下さい。

上過ぎると腕が疲れます。下過ぎるとメーター類が隠れて見えなくなったり、ハンドルに膝が当たってしまったりすることがあります。上過ぎず、下過ぎず、ハンドルを回しやすく、メーター類が見やすい位置に調節しましょう。

<注意!>ハンドルの高さは特に急ハンドル時に重要です。

3、背もたれの前後

背もたれにしっかり背中を付けた状態で、ハンドルのてっぺん(ハンドルで身体から1番遠い場所です)を持った時に、肘にまだ少し余裕があるくらいの位置に調節します。

ハンドルに身体が近過ぎず、遠過ぎずの位置です。

<注意!>背もたれの前後位置は特に急ハンドル時に重要です。

4、ヘッドレストの位置

耳の高さにヘッドレストの中心がくるぐらいの位置に調節します。

<注意!>万が一後続車に追突された時に、頭をしっかり支えて、むち打ちの軽減につながります。

シートベルト

・肩ベルトは首にかからないよう鎖骨の中央を通るように、腰ベルトはお腹ではなくお腹の下の骨盤を巻くように正しく装着します。必ず、ねじれたるみが無いようにします。

<注意!>シートベルトがねじれて細くなっていると、衝突時にそこに大きな負荷がかかって危険です。

毎年車の交通事故では、シートベルトを付けていれば助かった方が、残念ながら数多く亡くなっています。必ず着用しましょう。

シートベルトは「死」を「止める」ベルトです!

→「車の運転のコツ・目次へ

★もし、このブログが参考になった方は、運転で悩んでいる友人や知人などに紹介して頂けたらうれしいです。よろしくお願いします。
^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする