路上教習のコツ/停車

【目次】

A 停車と駐車の違い

B 停車をする前に大切なこと

C 停車の手順

D 停車する目標

E 停車してはいけない場所

A【停車と駐車の違い】

路上教習のコツ/停車

【停車とは?】

・人の乗り降りのための停止(時間の制限なし)

・5分以内の荷物の積みおろしのための停止

・運転者がすぐに運転できる状態での短時間の停止

【駐車とは?】

上に書いた停車の意味を3つ覚えて、それ以外を駐車と覚えておくと簡単です。

B【停車をする前に大切なこと】

上手く停車をするために大切なことは、まず【車幅感覚】が必要になります。

車幅感覚がしっかりつかめていないと、左へ寄せ過ぎてぶつかりそうになってしまったり、逆に離れ過ぎてしまったりします。車幅感覚はすぐに身に付くものではありませんので、できるだけ早い段階から少しずつ身に付けて行きましょう。

→参考「車幅感覚のコツ

C【停車の手順】

1、左のサイドミラーで、後方近くにバイクや自転車がいないか確認する(左へ寄せる量が多い場合はしっかり目視もする)

もしバイク等が近くにいる場合は、先に行かせる判断も必要です。

2、左合図を出す

・周りの車、特に後続車に「今から左に寄せて停車しますよ」と、合図で知らせます。

・慣れてきたら、左合図の代わりにハザードランプを出すと、停車の意思がより早く後続車に伝わります。

合図を出す前に突然減速してしまうと、後続車に追突される危険もあります。必ず減速する前に合図を出しましょう。

3、ブレーキでしっかり減速する

・路上では当然、50キロ、60キロ速度を出している場合もあります。速度が速いまま寄せて行くと、寄せ過ぎてぶつかりそうになったり、寄せるのが途中で怖くなり離れ過ぎてしまったりします。

まずは自分が左へ寄せていくのに怖くない速度、危なくない速度までしっかり減速しましょう。

・停車が苦手な方は、しっかり減速ができていない方が多いです。

しっかり減速さえできれば、所内教習の時、発着点のポール等に左へ寄せて停めた時と基本的にやることは同じです。自分が慌てずに寄せていける速度まで、まずはしっかり減速しましょう。

→参考「ブレーキを上達させるコツ

4、できるだけハンドルを切らずに、なめらかに寄せて停まる

・いよいよ寄せていく際にハンドルを切り過ぎてしまうと、寄せ過ぎて左側にぶつかりそうになったり、途中で寄せるのが怖くなり離れ過ぎてしまったりします。

・ハンドルを切る量というのはクセが付きやすいです。車線変更駐車車両等を避ける際に、いつもハンドルを切り過ぎてしまう方は、停車の時も切り過ぎてしまいます。

普段から進路変更をする時は、できるだけハンドルを切らずに、なめらかに進路変更する練習をしておきましょう。

・左へ寄せて行く際にサイドミラーを見過ぎないこともポイントです。

サイドミラーを使うことはもちろん有効ですが、車体が左側のラインや縁石に対して斜めになった状態でミラーを見てしまうと、左側の間隔が広く見えたり狭く見えたりしてしまいます。

サイドミラーは、必ず、車体が左側のラインや縁石と平行になった時に確認するようにしましょう。

D【停車する目標】

上手く停車する為に大切なことは、あらかじめ早めに停車する目標を決めておくことです。

所内教習では停車の際にポール等の目標物があったと思いますが、当然路上にはありません。縁石、植木、電柱、ガードレール等、停車しやすい目標を早めに決めておけるようにしましょう。

その際に、目標を近くに決めてしまうと急ブレーキや急ハンドルの原因となります。逆に遠過ぎると、だらだらと走り過ぎて他車に迷惑をかけてしまいます。

目標を適度な位置に決めれるようにしっかり練習しましょう。

E【停車してはいけない場所】

路上には停車をしてはいけない場所がありますのでしっかり覚えておきましょう。

【駐停車禁止場所】

ひょうきざかトンネルこまよこ5ふあんてい10」と覚えておきましょう。

「ひょう」→ 駐停車禁止の標識や標示のある場所

「き」→ 軌道敷内

「ざか」→ 坂の頂上付近やこう配の急な坂(上りも、下りも)

「トンネル」→ トンネル

「こ」→ 交差点から5m以内

「ま」→ まがりかどから5m以内

「よこ」→ 横断歩道や自転車横断帯から5m以内

「ふ」→ 踏切から10m以内

「あん」→ 安全地帯から10m以内

「てい」→ バス、路面電車の停留所から10m以内

→「車の運転のコツ・目次へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする